活動事例/ワークショップ・ラボ

2013

ワークショップ開催
“イオンモールKYOTOクリスマスのメインビジュアル”制作

サンタクロースをモチーフに目・鼻・口などの顔パーツを使いサンタの福笑いを作るワークショップイベント。うれしい顔、困った顔、照れた顔、いろいろな顔を、友達や親子で作り、出来上がったおもしろ顔を見せ合って楽しんでいただきました。出来上がったサンクロースの作品を集め、2013年のイオンモールKYOTOクリスマスのメインビジュアルとして使用。

2012

Grêmio Recreativo Escola de Política

アーティスト・増本泰斗が2010年よりはじめたプロジェクトを、毎月1回だけAntenna Mediaにて「開催し続けてみる」ワークショップ企画。
何か物質を鑑賞するわけではない、何か現象を目撃するわけでもない、たたただある状況に参加し共に何かを行うこと。そして、彼/彼女の問題や疑問に真摯に寄り添ってみること。ある方法では出来ないことが、別の方法ではできるかもしれないこと。あるいは、ある考え方では行き詰まることが、別の考え方では開けていくかもしれないこと。そのような可能性を模索することをテーマに、各回、参加者が身体的/精神的に影響し合うワークショップが開催されました。
http://gremiorecreativoescoladepolitica.org/grepantennalists/

2012

KYOTO OPEN STUDIO ワークショップ

[ 企画連携、展示計画、会場協力 ]

似顔絵作家や陶芸家、ペインターやワークショップユニットなどを講師に迎え、子どもから大人まで参加できる日替わりイベントを開催。この他にも、独自のネットワークから、地域や会場、対象に合わせたワークショップの企画/運営を行っています。

クレジット 主催:KYOTO OPEN STUDIO実行委員会

その他の活動事例